ハルシオンシステム ペニーサックの使い方


この時期に外せないペニーサック
私なりの使い方を説明しますね。
川で使う事が多いので、ある程度流れがある場所での使い方です。


私の1年間で使うルアーの中でも出番が多いルアーですね。

見た目が変わってるから「ホントに釣れるの?」って思う方も居ると思いますが、マジで釣れる超実践的ルアーです。

と3種類発売されています。
3種類のレンジはこちらで記事にしていますので参考にしてください。


MOKKAの泳ぎです。
ウォブンロール主体のルアーです。
ウォブンロールとはウォブリングとローリングが混ざり合ったアクションのこと。
ペニーサックは若干、ローリングが強いですね。
使い方はまずアップに投げてます。
アップとは潮が流れてくる方向ですね。
するとたいていの場合が中のウェイト(鉛)が尻側に寄って頭が浮いた状態になってるんですね。
自分の中ではこれはアリなんで、わざわざジャークを入れて中のウェイトを頭側に持ってこなくて良いと思ってます。
その状態でも泳いでないように見えて実は泳いでるんです。
実際に頭が浮いた状態喰って来たシーバス

コノシロ付の優秀君です。
リリースする時だいぶ怒ってました 笑

そして話を戻すと、アップからダウンに入る時にウェイトが頭側に戻って上の映像みたいに泳ぎます。
その瞬間も喰って来ることが多いので、喰わせる場所(ストラクチャ等)でジャークを入れるのもアリです。
リーリングスピード(巻くスピード)はスローで良いと思います。
軽くトゥイッチを入れるとバランスを崩すので、それも全然アリです。
自分はこんな感じでペニーサックを使ってます。
是非試してみてください。
使用タックル
rod:FCLLABO uc79pro

reel シマノ(SHIMANO) 14ステラ 3000HGM
シマノ(SHIMANO) 14ステラ 3000HGM

Line:YGKよつあみ リアルスポーツ G-SOUL WX8
YGKよつあみ リアルスポーツ G-SOUL WX8

>

Leader:モーリス(MORRIS) バリバス VEP ショックリーダー 50m
モーリス(MORRIS) バリバス VEP ショックリーダー 50m

コメント